注文住宅は時間と手間は惜しまずしっかりとプランを練ることが大切

sitemap

お洒落な部屋

建売との価格の違い

モダンな部屋

「注文住宅は高い」と良く聞きます。注文住宅はピンキリですが、一般的には坪単価55万円から70万円程度が多く、4LDKを建てると35坪ぐらいで2,000万円から2,500万円が必要になります。建売住宅の場合は、こちらも業者さんの方針によって前後しますが、35坪程度の建物であれば、1,000万円弱で建てられています。どうしてここまで違うのか。注文住宅の方がしっかりしていると考える方もいらっしゃいますが、建築基準法はどちらも守られています。
このコストの差の主な理由が人件費です。注文住宅の場合、営業担当者や建築士と何回も打ち合わせを行い、プラン変更を繰り返しながら間取を決定します。また、各種設備や壁紙、フローリングなどもショールームなどを見に行ったりしながら、少しずつ決めていきます。建てる時には地鎮祭をして神主を呼びます。建てた後のアフター点検にも人員が要ります。
建売の場合は、土地に応じた間取りを作る必要があっても、買主要望のプラン変更はありません。各種設備もすぐに決まります。多くの場合、地鎮祭は行いません。
アフターサービス期間でも、業者側から積極的に訪ねることはありません。
このように注文住宅は、買主の要望を叶えるために多くの担当者がお付き合いするため、価格も人件費の分は高くなります。どうせ高くなるならば、積極的に要望を伝え、自分の理想のマイホームを作り上げてください。

TOP